技能実習制度について

外国人技能実習制度とは?

技能実習制度の目的・趣旨は、

わが国で培われた技能、技術または知識の開発途上地域等への移転を図り、

当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという、国際協力の推進です。

技能実習制度の内容は、外国人の技能実習生が日本において

企業や個人事業主などの実習実施者と雇用関係を結び、

出身国において習得が困難な技能習得等の習得・習熟・熟達を図るものです。

​実習生受入れのメリットとは?

1. 業務の安定化
実習計画に基づいた技能実習を行うので、計画的、継続的な業務の配分が可能となる
2. 企業の国際化・活性化
技術習得が早く、意欲的に実習に取り組むため日本人社員によい影響を与え、企業自体も国際化される
3. 若い活力ある人材
若い活力ある人材が入ることで、企業に新しい考え方が生まれる
4. 海外進出のために
技術移転による国際貢献と将来の海外進出、現地雇用のノウハウ習得が期待できます

技能実習生受入れ人数枠

受け入れ企業の常勤職員数

1年間で受け入れ可能な技能実習生の人数

301人以上

常勤職員総数の20分の1

201人〜300人

15人

101人〜200人

10人

51人〜100人

6人

41人〜50人

5人

31人〜40人

4人

30人以下

3人

まずはお気軽にご相談ください
電話またはメールでお問い合わせくださいませ